エコなウォーターサーバー

エコに使えるウォーターサーバーとは

どんなに便利なウォーターサーバーでも、普段の電気代は気になるものです。通常のウォーターサーバーの温水は80℃から90℃で設定されており、コーヒーや日本茶などを淹れるのに最適な温度になっています。また、冷水は6℃から10℃に調節されています。電気料金は、一般的なボトルタイプで600円くらいだと言われています。しかし、省エネモードを搭載しているウォーターサーバーになると、エコモードに切り替えでき、月にかかる電気代がカットできるというメリットもあります。

ウォーターサーバーを利用すると、電気ポットでお湯を沸かした場合や、冷蔵庫を開閉した時にかかる電気代、湯沸しのためのガス代などの節減効果があります。そのため、ウォーターサーバーの導入を考える時は電気代を総合的に考えながら、利便性を検討していくことが大切といえます。

ウォーターサーバーに搭載されているエコモードという機能は、温水の温度を普段よりも低くしておくことで、余計な電気代を排除できる機能となっています。この機能は、深夜など、ウォーターサーバーを使わない時間帯を利用して、無駄な電気代をできるだけ使わずに済むというものです。使わない時だけエコボタンをONにしたり、光を感知機能でエコモードにできるウォーターサーバーもあります。

しかし、光熱費がもったいないといって、サーバーを使わない時間帯に電源をオフにすることはおすすめしません。ウォーターサーバーの中は冷水や温水を一定の温度に保つことで雑菌繁殖を防ぐようになっており、電源をオフにしてしまうと、温水の温度が下がり、冷水の温度が上がってしまいます。一般に、雑菌の繁殖率は30~40度が最も高いとされていますので、電源を切ると水の衛生状態が悪化しやすくなります。

出かける場合などで長時間お湯を使わない場合は、エコモードに切り替えておくようにしましょう。また、ウォーターサーバーはエコモードに切り替えて電気代を節約できる機能だけでなく、お部屋のインテリアと調和するようにおしゃれなデザインの色などの選択肢がいくつかあります。そして、お水の消費量によって最適料金プランから選べるようにもなっていますので、予算などを決めて選ぶこともできます。ウォーターサーバーの電気代は気になるものです。ウォーターサーバーを選ぶ時には、毎月かかる電気代がカットできるというメリットもありますので、電気代を節約できるエコモード設定ができるウォーターサーバーがおすすめです。

最新のお知らせ

  • [2017年02月01日]
    ホームページを更新しました。

  • [2017年02月01日]
    運営者情報を追加しました。